泉佐野でスポーツ障害治療の整骨院なら

交通事故専門外来
自動車事故
自転車事故
バイク事故
人身事故
物損事故
自損事故
後遺症
自賠責保険
慰謝料
スポーツ障害外来
頭   痛
肩 こ り
腰   痛
むちうち
ぎっくり腰
膝   痛
四十肩・五十肩
腱鞘炎・ばね指
寝 違 え
背骨骨盤矯正
坐骨神経痛
頭蓋骨整体



全 身 整 体
足裏マッサージ
骨 盤 調 整
姿勢評価システム

労災適用
リ ン ク





交通事故提携法律事務所

交通事故治療情報館

泉佐野仁整骨院


大きな地図で見る

スポーツ障害専門外来



スポーツ障害とは?
スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。
■外 傷
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
■障 害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、
ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。


スポーツ障害の主な部位と種類

むち打ち症等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
野球肘、テニス肘等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、
腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等


▲ページの先頭へ
競技別に探せる!スポーツ障害事例集


野 球
●野球肩 ●野球肘
●投球障害 ●シンスプリント
●腰痛 ●ヘルニア ●分離症
●すべり症 ●インピンジメント
サッカー
●足首の捻挫 ●半月板損傷
●靭帯損傷 ●打撲 ●肉離れ


バスケットボール
●ジャンパー膝 ●足首の捻挫
●シンスプリント
●突き指 ●足底筋膜炎
●肉離れ ●打撲

バレーボール
●ジャンパー膝 ●足首の捻挫
●シンスプリント
●足底筋膜炎 ●指の骨折
●指の脱臼 ●肉離れ ●打撲
●インピンジメント
テニス
●テニス肘
●シンスプリント
●インピンジメント

陸 上
●ランナー膝 ●ジャンパー膝
●シンスプリント
●足底筋膜炎
●外脛骨炎

ラグビー
●骨折 ●肩の脱臼 ●捻挫
●打撲 ●肉離れ
●十字靭帯 ●側副靭帯損傷
●半月板損傷
柔 道
●捻挫 ●打撲 ●脱臼



剣 道
●肩の障害 ●腰の障害 ●膝の障害





▲ページの先頭へ
よくあるスポーツ障害・スポーツ外傷

突き指
スポーツ全般で多く発生しますが、特に野球、バレーボール、バスケットボール球技種目に多く、中指、薬指での受傷が多いです。重症なものになると靭帯が付着している骨がはく離骨折してしまう場合もあります。
筋痙攣
筋肉の疲れ、ウォーミングアップ不足やクールダウン不足、発汗によるミネラル不足が原因となって筋肉に痛みと痙攣を引き起こします。

肉離れ
筋肉を包む筋膜や筋肉の繊維が部分的に伸びたり切れたりした状態のことをいい、ウォーミングアップ不足や筋肉が疲れている状態のときに起こりやすいです。

疲労骨折
骨の同じ場所に繰り返し加わる小さな力によって、骨の組織の連続性が断たれ、不完全または完全に骨折してしまう状態のことを言います。
野球肘
骨や筋が未発達な子供に多く、練習のやりすぎや変化球を多く投げることに起因します。

テニス肘
テニスなどのスポーツで前腕の伸筋腱群の使いすぎによって、肘の外側上顆部に炎症を起こしたものです。


ランナー膝
腸脛靭帯炎、膝蓋軟骨軟化症、鵞足炎からなり長距離ランナーに多くみられる。膝を曲げたりしゃがんだり階段の昇り降りの際に膝の上や裏側に痛みが走ります。
ジャンパー膝
ジャンプ動作の多用により発生する、使いすぎ障害である。ジャンプ、着地を繰り返すうちに膝蓋骨と膝蓋靭帯の付着部分に炎症が発生し、運動時に痛みを感じるようになります。
打  撲
転倒して打ったり、物と強くぶつかったりしたことによる皮膚や軟部組織(筋肉)の損傷のことを言います。


骨  折
大きな外力によって骨が折れ、痛みや出血を伴う状態を言います。大きく分けて2種類あり皮膚の中で折れているものを閉鎖性骨折、皮膚が開いてしまっているものを開放性骨折といいます。後者は感染の危険があるので注意してください。
むち打ち
強い外力によって首を支えている筋肉が炎症を起こしてしまうもので、首の捻挫と考えてもらっていいです。

オスグット
10〜15歳くらいの激しいスポーツの男子に好発する。運動時に脛骨粗面に痛みを感じます。処置方として運動後のアイシングと大腿四頭筋のストレッチが有効です。


▲ページの先頭へ
スポーツ外傷の治療法
スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest)
患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)
患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)
患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)
患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。

また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、 いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

▲ページの先頭へ
スポーツ障害のご相談

早期回復と現場復帰をサポートします。
ベストコンディションが維持できるようにサポートします。
プロのアスリートやスポーツをされる方の気持ちを優先します。
丁寧に説明を行い、状態・症状にあわせた細やかな治療を行います。

当院では、下記の治療方針にて様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しております。

・捻挫が癖になっているので、なんとかしてもらいたい・・・
・痛みだけとりあえず抑えて、どうしても試合に出たい・・・
・今後の試合に影響が出ないように完治させたい・・・
・練習を休まずに、治療をしていきたい・・・


など、スポーツをされる患者様の気持ちを大切にしますので、
どうぞお気軽にご相談ください。

▲ページの先頭へ
当院へのお問い合わせ・ご相談

当院では、お一人ひとり丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。
どんなご質問でも丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきます
ので、お待たせ致しません。

また受付時間外など、メールでも受付けておりますので、
あわせてご利用くださいませ。
泉佐野仁整骨院 大阪府泉佐野市長滝1234-24

交通事故(自賠責)・各種健康保険・労災取扱い

大阪府泉佐野市長滝1234-24
当院紹介・アクセス
受付時間
午前 08:00〜19:30
※最終受付は19:00となります。
泉佐野仁整骨院HOME

Copyright©2014 泉佐野仁整骨院. All rights reserved.